コラム

理学療法士専門学校は3年制と4年制、どちらがいい?

更新日:

医学系の資格は非常に人気がありますが、国家資格の場合は国家試験に合格する必要があります。

理学療法士も人気のある資格になりますが、受験資格が得られる学校は結構あります。

どうやって選べばいいかを知っておくと良いかもしれません。

 

早く仕事をしたいなら短期間の方がいい

病気やけがをしたとき、病院などで治療を受けます。

通院をしながらの治療なら日常生活をそれなりに送りながらになりますが、入院をするとなると1日中ベッドに寝たりしながらになるかもしれません。

すると手足がうまく動かせなかったりして、退院してもすぐに以前のような生活ができなくなるときがあります。

そこで退院をする前にリハビリを行って日常生活ができるようにします。

その時にリハビリを担当してくれるのが理学療法士で、国家資格を持った人でないと行うことができません。

この理学療法士になるためには学校に通う必要がありますが、理学療法士専門学校は3年制と4年制のどちらがいいか気になるかもしれません。

できるだけ早く仕事をしたいと考えているのであれば、短い期間で卒業できる学校を選ぶと良いでしょう。

養成するための学校はたくさんありますが、細かいカリキュラムを見るとそれぞれの学校で違いがあります。

短い期間で学べるところであっても、国家試験に必要な知識や技術はしっかり学べます。

1年少ないから学べる量が減るわけではありません。

 

じっくり専門的なことを学ぶなら長く学べるところ

医療関係の国家資格の中で人気がある資格として理学療法士があります。

リハビリを専門的に行う業務で、主に基本動作に関するリハビリを行います。

資格を取得するには国家試験に合格する必要がありますが、誰でも国家試験を受験できるわけではありません。

所定のカリキュラムを履修できる大学や専門学校を修了して初めて受験資格を得ることができます。

その時に選択する理学療法士専門学校においては3年制と4年制から選べるときがあります。

どちらに進んだらよいかですが、より専門的なことを学びたいと考えるなら長く学べるところの方が良いかもしれません。

学校によってカリキュラムが異なっていて、どちらを修了しても国家試験の受験資格が得られます。

長く学べるところだと、より濃い内容のカリキュラムになっています。

高度な技術を学ぶことができたり、実習に関しても短期の学校では学べない部分も学ぶことができます。

1年長く通うことになりますが、実際に就職した時に使うことができる技術が多い方が即戦力になりやすいです。

長く学んだ方がより現場で仕事がしやすくなるでしょう。

 

昼間に学べる学校と夜間に学べる差のあるところ

将来なりたい仕事を考える時、高校を卒業するときにある程度決まるときがあります。

その時は高卒で入学できる学校に直接進学すればいいでしょう。

一方で高卒後に進学をしたり就職をした後にしたい仕事が見つかるときがあります。

既に学校に進学していたり就職していると、高卒の時のように自由に学校に進学できないときもあります。

医学系の国家資格として理学療法士があり、リハビリができる資格として人気があります。

高卒時になりたいと考える人もいれば、他の学校に進学した後や就職後になりたいと考える人もいます。

理学療法士専門学校は3年制と4年制のどちらがいいかですが、高卒から進学するなら短期間で学べるコースを選ぶと良いでしょう。

昼間に授業が受けられるようになっています。

一方他の学校や就職をしながら勉強できる学校があり、そちらは夜間に授業が受けられるようになっています。

夜間においては同じ学校でも学ぶ年数が1年長くなっているところがあります。

夜間だと昼間に比べて学べる時間が少なくなるため、1年長くして受験資格が満たせるようになっています。

 

できるだけ早く仕事をしたいと考えるなら、短期間で修了できる学校やコースを選びましょう。

一方じっくり学びたいなら長く学べる学校を選ぶこともあります。

ある学校は昼間と夜間のコースがあり、夜間コースは1年長くなっています。

 

-コラム

Copyright© 関東エリアの夜間部で理学療法士になれるおすすめの専門学校 , 2019 All Rights Reserved.