コラム

理学療法士専門学校に夜間で通うことをオススメする理由

更新日:

理学療法士専門学校には、全日制と夜間制の2つがあります。学校と言えば全日制のイメージが強いですが、社会人になってから志望する人も最近は多くなっており、夜間制はそういう使える時間が限られている人に向いているとも言えます。

ただ、仕事の都合以外でも夜間の理学療法士専門学校を戦略的に考えて選択する人も最近増えてきました。夜間に通うことをオススメする理由について、これからご説明します。

 

夜間部の方が安い学費で通える

理学療法士専門学校は学費がかなり高いです。3年制と4年制に分かれているということもありますが最低で355万円かかります。他にも463万や515万に530万、660万円という物もあります。医療系の学校は実習がどうしても多くなりますし、教材も色々な種類の物を使わなければいけません。

それぞれの学校でサポート制度を準備しており、学費自体は高いけれどサポート制度と併用すれば相殺していける様になっている所もあります。ただ、そのことを合わせて考えるにしてもやはり全体的には割高です。

ですが、夜間部の方になるとかなり安くなります。学費が安いということは夜間部を目指す理由として相当に大きい物です。お金が特にかかる4年制と比較した場合では150万前後も変わりますし、3年制であっても50万前後差が出ます。

金額の差は見逃せないポイントであり、社会人だけでなく若い学生でも学費の安さから理学療法士専門学校の夜間部を志望する人が出て来る程です。学校によっての差異はありますが、理学療法士志望の場合は学費の面で学校の夜間部の有無も必ず見ておくことをお勧めします。

 

夜間部の方が短い勉強時間で卒業できる

良い理学療法士になる為には、多くの勉強や実習が必要になります。理学療法士専門学校も3年制と4年制がありますが、3年製の方は1年短い分だけ駆け足になっている面が無いかを確認しておく必要があります。学校として何らかのフォローをして貰えるのかといったことも見ておかなければなりません。

ただ、勉強時間の短さはデメリットもありますが、体力と気力の面で大きいメリットがあります。社会人で昼間働きながら夜は学校に行くというのは相当大変なことですが、時間が短いのでしたら負担は最小に抑えることが出来ます。社会人になってから理学療法士になるというのでしたら、必ず考えておくべき点と言えます。

実際、理学療法士専門学校の夜間部の始業時間は大体18時で終業が22時ですので、時間自体は全日制に比べてとても短く設定されています。その分補講等も出て来ますので単純な比較は出来ませんが、最小限の負担で出来るだけ早く資格を確保したいという様な目的があるのでしたら、全日制よりも夜間制の方が早い面が間違いなくあります。

 

経済面をサポートしている学校が多い

医療系の学校は基本的に学費が高くなる傾向が高いですが、理学療法士専門学校で夜間制の方は経済サポートシステムがあることが多いです。サポートシステムを志望理由にする人も少なくありません。内容は様々で奨学金システムが充実している所から、合格と就職保証制度やアルバイト制度を備えている所等色々あります。

理学療法士になる為には、最低3年は学校で勉強しその後に国家試験に合格しなければいけませんが、試験に不合格になる場合も出てきます。そんな時に後は独力で勉強しなけばいけないということになってしまうとキツイものがあります。就職についても同様です。そんな時に目的達成までサポートをして貰えるというのは心強いものがあります。

アルバイトを探すにしても、1人で探すのは相応の手間がかかります。仕事の内容によっては勉強の方に影響も考えられます。ですが、学校が紹介してくれるのでしたら探す必要がありませんし、紹介される施設は勉強とも関係してくる所が多いです。普通に探すよりも2つもメリットがあるというのは外せないポイントと言えます。サポートの有無は資格確保の為にも重要ですので、必ず確認することをお勧めします。

 

学費の安さと勉強時間の短さ、そしてサポートシステムの充実が夜間部を志望する場合には大きい理由になります。学校毎の違いをしっかり確認した上で、自分に最も合った理学療法士専門学校を選択することが重要です。受験を検討している場合は必ず確認することをお勧めします。

 

 

-コラム

Copyright© 関東エリアの夜間部で理学療法士になれるおすすめの専門学校 , 2019 All Rights Reserved.