コラム

理学療法士専門学校とは主に何を勉強する場所?

更新日:

リハビリをする専門資格として理学療法士があります。

理学療法士になるためには、まず国家試験の受験資格を得るための学校に行く必要
があります。

国家試験の受験資格が得られる以外に何が得られるのかを知っておくと、学校選びに役立ちます。

資格を取得するのに必要なカリキュラムが用意

病気やけがをしたとき、まずは治療を行います。通院であれば日常生活を送りながら治療ができますが、入院すると一日中ベッドに寝ている状態になるときもあります。病気やケガの影響で特定の部分が動かせなかったりすると、せっかく治療は終わっているのにそのままでは日常生活に戻れない時があります。

この時に行うのがリハビリです。そしてリハビリを行う専門家が理学療法士です。理学療法士専門学校とは、理学療法士になるための国家試験を受けるカリキュラムが用意されています。国家試験は誰でも受けられるわけではなく、所定の学校を卒業した人でないといけません。

卒業をして受験資格を得ることも大事ですが、実際に理学療法士になったときに必要となる知識や技術を身に付けることも大事です。それらがカリキュラムの中に用意されているので、学校で授業を受けたり実習を受けると将来的に理学療法士として就職した時にすぐに仕事ができるようになります。

実習は、実際に医療の現場に行っておこなうこともあるので、仕事の場を経験しながら学べます。

リハビリのためのいろいろな器具が使える

骨折などをして足の筋肉を使わない時期があると、骨折が治ったとしても前のように歩けない時があります。十分に筋肉がついていないのと、歩くためのバランス感覚が鈍っているためでしょう。この時にはリハビリを行い、最初は辛くても続ける必要があります。続けることで徐々に筋肉が戻ってきて、バランスなども保てるようになります。

そのリハビリを行うのが理学療法士ですが、なるためには専門学校などに通う必要があります。理学療法士専門学校とは、理学療法士になるためのいろいろな器具が使えるところです。歩くトレーニングをするとき、ただ患者さんの手を引いて歩くのを補助するだけではありません。筋肉への負担を和らげるための器具などをうまく使いながら徐々に日常生活に慣らしていきます。実際にリハビリを受けた人でないと知らないようないろいろな器具を見ることができ、それを使いながら実習ができます。

学校によって器具の数であったり新しさが異なります。できるだけ器具の充実している学校に行く方が良いかもしれません。

リハビリに関するいろいろなコースが用意されている

病気やケガから復帰するため、使えなくなった体を元のように使えるようにするのがリハビリです。
一口にリハビリと言ってもいくつかの段階があります。

これまで食事の補助を受けていた人がリハビリを受ける時、いきなり食事の仕方ができるように取り組むわけではありません。まずは腕や手、指などがきちんと動かせるように訓練をします。この時に担当するリハビリ担当者は理学療法士です。理学療法士とは基本動作の回復などを担当する専門家になります。

理学療法士専門学校とはもちろん理学療法士を養成する学校になりますが、それ以外のリハビリ担当者を養成するコースを持っているところもあります。食事をするために指などが使えるようになれば、実際に茶碗を持ったり箸を持ったりの訓練に移ります。

この時のリハビリ担当者は<作業療法士と呼ばれる資格を持った専門家/strong>になります。作業療法士は、日常生活における応用動作に関わるリハビリを行います。同じような名称ですが仕事内容は結構異なります。理学療法士のみを養成する学校と複数の資格を養成する学校では、設備などに違いがあります

リハビリにはいくつかの種類があり、基本動作のリハビリを担当するのが理学療法士になります。学校にはリハビリ担当者を養成する学校があり、理学療法士以外に作業療法士なども養成する学校があります。それぞれで設備は異なります。

-コラム

Copyright© 関東エリアの夜間部で理学療法士になれるおすすめの専門学校 , 2018 All Rights Reserved.