コラム

理学療法士専門学校の学費の平均相場はどのくらい?

更新日:

理学療法士専門学校の学費の平均相場はどのくらい?

高齢化社会となっている日本、そのため今医療従事者を目指す若者が増えていっています。
看護師や医師だけではなく、言語聴覚士や作業療法士のリハビリ関係の仕事にも今注目が集まっています。
そんな中で理学療法士は医療従者の中でも今、特にニーズが高まっている専門職です。
病院だけではなく様々な現場でその知識や技術を発揮することが出来るため、就職先も広範囲です。

 

では理学療法士の専門学校へ通うための学費はどのくらいでしょうか。
昼間部と夜間部にわけてみてみましょう。

理学療法士専門学校の学費の平均相場

まず理学療法士専門学校には3年制と4年制があります。
3年制の場合は350万円から500円ほどです。
専門学校の中には国立の専門学校があり、国立専門学校の場合は250万円と安くなります。
余談ですが国公立大学の場合は240万円、私立大学の場合は550万円から最大800万円と幅があります。

 

○昼間部

では昼間部について見てみましょう。
まず初年度の入学金として平均300,000円になります。
授業料は800,000円など1年次は平均1,500,000円です。
2年次になると安い学校で1,000,000円以下、高い学校でも1,450,000円程になります。
4年間の場合、安い学校では3,800,000円、高い学校ですと5,900,000円になります。
授業料だけではなく、実習費用や設備費なども金額がかかり、両方合わせると500,000円前後かかります。

 

○夜間部

夜間部はどうでしょうか。
夜間部は入学金は昼間部とあまり変わらない300,000円程になります。
授業料は昼間部より安価な600,000円程になります。
夜間部は3年制と4年制のどちらかになり、年数によっても金額は大きく異なります。
夜間部も実習費用や設備費がかかり、昼間部と変わらず両方合わせて500,000円前後かかります。

 

会費や同窓会などの費用を徴収する学校もある

学校によって会費や同窓会の費用を徴収する学校も
あります。
費用は平均1万円程です。
例えば実習先を自由に選べる学校の場合、実習先によって交通費が異なるのでその分加算されたり、学校へ行くための交通費やどこかアパートを借りる場合は家賃などの生活費もかかります。

○寮を利用する
学校によっては格安で寮を提供している学校もあるので、そちらを利用すると生活費を抑えることができます。
学生寮の平均相場は3万円以下です。
水道やガス代などの光熱費込、エアコンや冷蔵庫完備の学生寮もあるので、入学する前に学校へ問い合わせをするといいでしょう。

私立や国立によっても金額は異なります

私立大学に比べますと、専門学校は学費が安く、昼間部と夜間部があることで仕事をしながら学ぶことができます。
学校によってもバイトや仕事先を提供してくれる所もあるため、仕事をしながら学校へ通っている学生さんもたくさんいます。
国立にもなると更に学費も安くなります。

 

○無理なく学校へ通える

今、理学療法士はニーズが高まっています。
高齢化になっている我が国だからこそ、患者さんの多くが高齢者が多くなっており、現場では医療従事者の人数も不足して困っています。
そのため、学校によっては様々な支援活動を行い、学生に無理なく学校へ通ってもらうための支援を行っている学校が多いです。
その1つに夜間部があります。
夜間部は仕事をしている人に人気があり、仕事をした後に授業へ参加でき、さらに授業時間も1日3時間程度なので無理せず通うことができます。

 

○必ず複数の学校を比較検討しよう

理学療法士は病院以外でも様々な現場で活躍することができます。
スポーツやトレーニング施設などでも活躍できます。
学校によって授業料は異なるので、パンフレットやインターネットの情報を元に一番通いやすく料金にも納得が出来る学校を捜しましょう。
そのときは、必ず複数の学校を比較検討することが重要です。
5校ほどの費用を比較すれば、お得な学校がどこなのか、ハッキリしてくるでしょう。

-コラム

Copyright© 関東エリアの夜間部で理学療法士になれるおすすめの専門学校 , 2019 All Rights Reserved.