コラム

夜間の理学療法士専門学校に通うと昼間にアルバイトとして現場で働ける?

更新日:

数多くの理学療法士になれる専門学校があり、夜間部を選んでアルバイトをしながら、理学療法士専門学校に通いたいと考える方もいるかもしれません。現場で働くためには、クリアしなければいけないいろいろな条件があるので、そのことを頭に入れた上で行動しなければいけません。

 

 

現場で経験を積みたいのなら介護やリハビリの現場で

整体やカイロプラクティックのような仕事は、資格がなくても大丈夫なため、師匠について実際の技術を勉強することができます。なれてきたのなら、お客に施術することもできるでしょう。

しかし、理学療法士は施術するために資格が必要となるため、見ていることはできても、実際に施術することは許されていません。そのため、理学療法士の技術を直接学べるような現場で、働くのは難しいと考えたほうがよいです。

もしも、理学療法士になれたときに役立つアルバイトを行いたいなら、介護やリハビリの現場で働くことを考えましょう。そちらなら、資格なしで行えることがたくさんあるので、理学療法士になったときに活かせる知識や技術をしっかりと学べます。

ただし、資格を持っている方を募集している場合も多いため、どのような条件かしっかりと確認した上で応募しましょう。

 

3年ではなく4年の専門学校を選ぶことも考える

理学療法士専門学校の昼間部のほとんどは、3年間通うことでカリキュラムを修了させられます。同じように夜間部でも3年間通えば、国家試験にチャレンジできるようになるところもあります。

しかし、4年間の夜間部もあるので、どうしても働きたい理由があるのなら、そちらを選ぶことを考えましょう。3年間でやるべきカリキュラムを4年間かけて行うため、余裕がでて、アルバイトをする時間も取れるはずです。遠回りになると考えるかもしれませんが、現場で頑張って働いた経験は理学療法士として働くときに活かせるため、後悔する可能性は低いです。

 

アルバイトができるのは忙しくなるまでだと考えよう

夜間部に通う方の中には、3年間(もしくは4年間)フルでアルバイトをしようと考える方もいるかもしれません。しかし、それは余程体力が有り余っている方でなければ無理だと思ったほうがよいでしょう。

学年が上がるにつれて、勉強も実習も難しくなっていくので、アルバイトを続ける気力がなくなる可能性があります。もちろん、理学療法士専門学校には休みがあるため、そちらに合わせてアルバイトをするのなら、何ら問題はありません。

大事なのは理学療法士の資格を取ることなので、それを最優先に考えた計画を立てましょう。勉強を怠って卒業後の国家試験に落ちてしまうと、次の年の試験に合格まで就職することすらできません。そうなると、嫌でもアルバイトをしなければいけない状況になる可能性があるので気をつけましょう。

 

理学療法士専門学校の夜間部に通いながら、昼間はアルバイトをしたいのなら、入学してから始めることをおすすめします。まずは、理学療法士になるためのカリキュラムをこなしてみて、アルバイトをしても大丈夫そうだと感じたのなら、働き先を探すようにしましょう。

やはり、介護やリハビリの現場は、気力も体力も使うため、将来の役に立つからといって無理にアルバイトをするのはおすすめできません。余裕がない状態で働き始めると、現場の方々にも迷惑をかける可能性があるので気をつけましょう。

もしも、現場で働くのが無理そうなら、ほかの職種にチャレンジすることをおすすめします。どのような職業だとしても、頑張って働けば、理学療法士に役立つことを見つけられるはずです。

 

 

-コラム

Copyright© 関東エリアの夜間部で理学療法士になれるおすすめの専門学校 , 2019 All Rights Reserved.