コラム

夜間の理学療法士専門学校の奨学金を申請する方法とは?

更新日:

夜間の理学療法士専門学校の奨学金を申請する方法とは?今、昼間部よりも人気が上昇しつつある夜間部。
自分のペースで学習できる、仕事をしている人や育児中、アルバイトをしながら学校へ行きたいなどこういった理由の方から特に人気があります。
理学療法士は日常生活において様々な体の機能を回復させるための手助けを行う仕事です。
高齢化が進んでいる我が国において、これからますます必要となる職種です。
理学療法士になるには専門学校へ行く必要があります。
専門学校では理学療法士になるための専門知識から技術までしっかりと教えてくれ、卒業後に国家試験を受験し、合格した人だけが理学療法士として現場に立つことが出来ます。
では、そんなニーズの高い理学療法士ですが、奨学金制度がある事はご存知でしょうか。

奨学金制度を利用すればお金に困らず学校へ行けます

「奨学金」と聞いた瞬間、どんなイメージを持ちますか?

借金をして学校へ行くため、その後が心配でなかなか利用しにくいという人も居るかもしれません。
しかし、奨学金にもいろいろあり、上手く利用することでお金に困らずしっかりと理学療法士になる為の勉強をすることが出来ます。

 

◆学費支援制度のなかで最も利用頻度が高い

まず奨学金とは学費支援制度のなかで最も利用頻度が高いものです。
経済的な理由で学費を支払う事が困難な生徒に向けたものです。
奨学金には第一種奨学金と第二種奨学金があります。
第一種奨学金と第二種奨学金の違いは利息が違います。
第一種奨学金は無利息、第二種奨学金は上限3パーセントです。

 

◆奨学金の金額

2つ目は奨学金の金額です。
第一種奨学金は自宅通学や自宅外通学などスタイルに合わせて金額が細かく決められています。
第二種奨学金は3万・5万・8万など様々な金額の中から好きな金額を選ぶことが出来ます。

 

〇自治体の奨学金制度

次に自治体の奨学金制度です。
自治体の奨学金制度とは、地域に根ざす人材を確保する事を目的とした奨学金です。
各自治体の奨学金は無利息で借りることが出来るのが魅力的です。
ただし、採用人数はきわめて少なく、募集期間も限られている事が多いです。
詳しくは各自治体に直接電話をして確認するか、直接窓口へ確認をしましょう。

 

◆医療法人や病院などが行っている奨学金制度

3つ目は医療法人や病院などが行っている奨学金制度です。
高齢化社会になっている昨今、優秀な医療従事者の育成や確保をするために、医療施設でも奨学金制度を行っています。
病院でも奨学金も無利息で行っているものが多く、卒業後は奨学金を貸し出している病院で一定期間働くことが条件になっている場合もあります。
学費の返済は給与から天引きされる場合や、条件によっては返済が免除になる事もあります。

きちんと返済する事は出来るのか?

奨学金の種類がたくさんあるという事は、上記の説明で理解できたかと思います。
それでも、実際借りた後にやっぱり借りなきゃ良かったと思ったらどうしよう。
そんな心配もあるでしょう。
しかし、そんな心配も少ないです。
学校へ行っている間、学校が紹介している施設でアルバイトをすることが出来ます。
夜間部は学費が安いうえにアルバイトや仕事をしながら通うことができるため、むしろ昼間部よりも貯金をしながら学校へ通う事が出来るのが魅力的です。

借入先によっては無利息で借りることが出来ます。
金額も自分で決めることが出来たり、返済金額も細かく決めることが出きたり、学校によっても細かく異なります。
自分の生活が苦しくなる程の返済金額を決めないようにしましょう。
理学療法士は今後更にニーズが高くなる専門職です。
そのため無利息で借入れを出来るパターンがたくさんあります。
これらのサービスを利用して、自分の生活に負担がないように借入先とじっくり相談し、借入金額を決めていきましょう。

-コラム

Copyright© 関東エリアの夜間部で理学療法士になれるおすすめの専門学校 , 2019 All Rights Reserved.