コラム

夜間理学療法士専門学校を卒業後の就職先は?

更新日:


理学療法士専門学校は、理学療法士という医療福祉分野における専門資格を取得することが出来る専門学校です。卒業することで国家試験の受験資格を得ることが出来ますが、合格できなければせっかく決まっていた就職先をあきらめなければならなくなる場合が多いのです。

そのため、単に卒業すればよいというわけではなく、在学中に必要な知識や技術をきちんと身に着ける必要があります。そんな理学療法士としての就職先には、どのようなところがあるのでしょうか

総合病院やクリニックなど活躍の場は広いです

理学療法士として働きたいと考える人が就職先として最もイメージするのが、総合病院やクリニックなどの医療施設での仕事ではないでしょうか。病気やケガによって損なわれた運動機能を回復して、日常生活をより快適に送る事が出来るようにする手助けをする、やりがいのある仕事です。

リハビリを必要とする人の中には、自分の現実が辛くて受け入れがたく、必要だとは分かっていてもリハビリに前向きになれない人も多いものです。また、なかなか成果が感じられなかったり、つらい課題から逃げ出したくなったりと、精神的な支えが必要な場合も多くみられます。そのような時に、一番近くで支える存在となる理学療法士は、有資格者としての知識や技術だけでなく、それを支えることが出来る高い人間性も同時に求められることになります。大変な部分も多いですが、その分大きなやりがいを感じることが出来る仕事と言えるでしょう。

高齢化社会において需要の高い現場

理学療法士の活躍の場として、高齢者施設への勤務も近年どんどん需要が高まっている分野です。高齢者施設では同じリハビリの資格である作業療法士や、看護師や介護士と協力をして、お年寄りのケアとリハビリを行っていく事になります。恒例になればなるほど、座る、立つ、歩くといった日常的な動作がスムーズにできるかできないかという事が、生活の質に大きくかかわってくるものです。自分の力でできる行動が少なくなることで一気に老いが進んでしまう場合もあるので、理学療法士のケアはとても重要な役割を担っています

高齢者施設という特殊な現場であるため、お楽しみ会などのレクリエーション活動には、他のスタッフと一緒になって計画を立てたりお世話をしたりといった仕事も行う施設が多いようです。病院程の専門性はないものの、じっくりと人に向き合ったケアをしたい人やお年寄りが好きな人には働きやすい職場となるでしょう。

スポーツ選手を支えるという働き方

医療福祉分野の専門家である理学療法士ですが、専門知識を生かして、スポーツトレーナーやスポーツジムのインストラクターといった形で活躍している人もいます。リハビリトレーナーとかメディカルトレーナーという呼び名であらゆる競技のプロ団体のサポートチームに所属して活躍するという選択肢もあります。

骨格や筋肉神経といった人体の構造についての幅広い知識を存分に生かすことが出来る場で、より適切なトレーニング方法の提案を行ったり、体のメンテナンスを行ったりします。スポーツにはケガがつきものですので、そのような場合にも運動療法やマッサージ療法といった専門知識でサポートすることが出来ます。

理学療法士専門学校では、理学療法士の国家試験受験資格を得ることが出来ます。理学療法士としての活躍の場としては、病院のほかにも、高齢者施設やスポーツトレーナーやインストラクターといった道があります。身を置く場所によって必要とされる知識や技術には違いはありますが、人を支える仕事であるという点は同じです。

理学療法士には専門的な知識や技術以外に高い人間性も求められることになります。自分が携わった人が元気に回復したり、希望する能力を手に入れたりする姿を目の前で応援する事が出来るので、その分、やりがいを感じられる一生の仕事と言えるのではないでしょうか

-コラム

Copyright© 関東エリアの夜間部で理学療法士になれるおすすめの専門学校 , 2018 All Rights Reserved.