コラム

理学療法士専門学校で留年するとどうなるの?卒業するには何が必要?

更新日:

理学療法士専門学校で留年するとどうなるの?卒業するには何が必要?

理学療法士専門学校は、一般的に忙しいといわれています。
勉強もハイペースですし、実習が始まると息をつく暇もない忙しさでしょう。

あまり公に情報は出ていませんが、このような忙しい勉強についていけない、経済的に難しくなったなどという理由で、専門学校を留年してしまったり、やめてしまったりという残念なケースに陥る学生もいます。
今回は、理学療法士専門学校で留年するとどうなるのかご紹介します。

理学療法士になるには

理学療法士になるには、
専門学校や大学などの養成校で学び、卒業する必要があります。
現在理学療法士になるためのルートは専門学校や大学に限られていますので、理学療法士になりたいと思ったらどちらかに行かなければなりません。
大学は理学療法士になるための勉強にプラスして、幅広く教養分野のことも学びつつ4年間を過ごしますが、専門学校は職業に直結したことを短期間で勉強することが特徴です。

四年制と三年制がある

理学療法士になるためのコースには、三年制と四年制があります。
三年制は四年制で勉強することを三年間で終わらせてしまうので、必然的に忙しくなります。
専門学校のほうが、大学よりも入試がやさしいのでという理由で入学する人もいるでしょう。

しかし、勉強内容はハードであるため、専門学校の場合は、入学するのは特に難しくなくても、卒業するのが難しいのです。
理学療法士は、医療業界という人の命を扱う業界で働く人です。
卒業すると理学療法士試験を受験できるという資格が手に入るわけですが、ただ講義を聴いて、漫然と実習していればいいかというと、それは絶対違います。
そんなにやさしくありませんよ。
入学したからには、卒業するために頑張ることが必要です。

卒業のために必要なものは?

具体的には、実習と卒業試験が卒余業のためには必須で、かつ学生にとって大きな壁になっています。
留学する人は主に実習と卒業試験で落ちて留年してしまうのです。
実習が思ったよりもハードだった、卒業試験で失敗したという例があります。
普段からの勉強をあまりしてこなかった人は、定期試験で悪い成績を連発して留年が決まるということもあるでしょう。
理学療法士専門学校は留年がありますので、ご注意ください。

留年してしまうと

留年してしまうと、恥ずかしいという気持ちの問題とそれまで一緒に勉強していた友人たちよりも1年遅れるので、下の学年と一緒に授業を受けなければいけないというストレスがあります。
ある種の奨学金を受けている人は、留年すると奨学金打ち切りということもあり得ます。
学費は1年分余分にかかりますので、三年制のコースに行ったけれど、結局留年して四年制と似たような学費になってしまうということもあり得ます。

留年のリスクを避けるには

留年のリスクを可能な限り避けるには、定期テストではある程度の成績をもらえるように普段から頑張ること、実習はそれなりに厳しいことを覚悟しておくことです。
遊びが好きな友人ではなく、勉強が好き、コツコツ頑張るタイプの人と仲良くなるといいでしょう。
ノートをうつさせてもらえると助かりますよね。

経済的な問題でアルバイトをしながら通っている人もいるかもしれませんが、隙間時間を見つけて上手に勉強することや、アルバイトを多少減らしてもなんとか食べていけるように、ある程度の貯金を作っておくことも大事です。

アルバイトのしどきは入学してからしばらくかもしれませんね。
実習が始まるとアルバイトをしている場合ではなくなります。
アルバイトの内容も、理学療法士を間近でみることができる場所や、理学療法士のアシスタントとして雇用してもらうなど、これからつきたい職業に近いところで働けると、アルバイトと勉強を兼ねることができますよ。

まとめ

今回は理学療法士専門学校の留年についてご紹介しました。
留年しないためにも日頃の努力が大事ですね。

 

-コラム

Copyright© 関東エリアの夜間部で理学療法士になれるおすすめの専門学校 , 2019 All Rights Reserved.