コラム

夜間の理学療法士専門学校の入試方法は全日制と変わらない?

更新日:

高校に夜間学校があるように、理学療法士専門学校にも夜間部があります。学校に入りなおす社会人の方にとってありがたいシステムですが、学校なので当然試験に合格しないと通うことはできません。

試験内容はどのような種類があるのでしょうか。

 

理学療法士専門学校の夜間部を活用するメリット

大学生や社会人に特に人気なのが夜間部ですが、高校生の時に将来を決められる人ばかりではありません。大学や社会人になって色々なことを経験して目指す道を見出す人も多いです。

その実現のための選択肢の1つですが、特に学校に入りなおす方に大きなメリットがあります。夜間部のメリットとして外せないのが勉強量が全日制より少ないことです。学校によりますが18時位から授業が開始され、終了は22時位までです。

そのため仕事と学業を両立することも可能であり、社会人や大学卒業してからも目指しやすい体制が整っています。大学卒業後や社会人になってから学校に入りなおすには費用の心配は当然あるでしょう。

親からの支援がある場合も当然ありますが、学費にそこまで負担を掛けたくないと考える方も多いでしょう。授業時間は短いので時間を自由に使うことができるので、アルバイトや社員として働きお金を得ながら学校に通うことができます。

夜間部と言いますが夜遅くまで授業を受けているわけではありません。22時までには終了するので、意外と規則正しい生活を送ることができます。そして最大のメリットは学費の安さです。

理学療法士専門学校には3年制と4年制があり、当然4年制の方が1年多く学ぶので学費は高いです。夜の場合で学費がよりかかる4年制と比較しても150万円程安いです。

3年制の全日制と比較しても50万円程安いので、高校卒業して夜間部を選択される方もいます。医療系資格は学歴や学校が重要ではなく、資格を有しているか否かが重要です。そのためどのような形でも資格を最終的に取得できれば理学療法士として第一線で働くことができます。

 

入試の内容は全日制と異なる内容なのか

専門学校により受験資格や試験内容は異なりますが、基本的に筆記と面接で合否を決めます。筆記は一般常識の範囲であり、現代文や英語等があります。高校生の場合は推薦入試も受けられるのですが、一般試験と内容は同じ学校でも異なります。

推薦では現代文と面接が全国的に多く、一般では現代文に英語や生物等が加わり、推薦より科目は多い傾向にあります。では夜間部はこれらの入試とは異なるのでしょうか。

実は内容は全日制や高校生が受ける内容と変わりはありません。大学卒業や社会人から受ける場合は社会人枠として高校生とは別の日に受けるように設けられています。

当然一般入試ですとこれらと関係なく高校生と一緒の日に一緒の試験場で受けることになります。しかしそれぞれ学校には学生の枠があるので、推薦や社会人枠入試の方が一般入試より先にあるので、一般合格倍率は高くなります。

合格を目指すためには少しでも有利な先に試験を受ける形が望ましいと言えます。ちなみに社会人入試には高校卒業年月日で受けられない場合もあるので確認は必要です。

 

AO入試は学校に入りなおす社会人に優しい

合否は試験結果に当然よりますが、AO入試という試験内容をしている理学療法士専門学校も増えてきています。社会人は学業から離れていることもあり、試験の科目によっては非常に大変です。

しかし人物像が最重要の試験なので、学業から離れている社会人にとって助かる試験内容と言えます。この試験方法を採用している理学療法士専門学校もありますが、やはり筆記試験の方が多いのは事実です。

専門学校の目的は理学療法士の国家試験に合格できる人材の育成です。その学校の評価は合格率で決まるとも言えます。また理学療法士は医療資格であり、多くの医療知識が求められる責任のある専門職です。

そのため、人柄や意欲はあっても学業をこなせない人材はふさわしくないので、どうしてもAO入試より筆記試験を設定している専門学校の方が多いです。筆記の方が多いということなので、少なくもありません。自分の状況に合った夜間学校で、AO入試なら受けてみると良いでしょう。

 

社会人や大学卒業後に学校に入りなおす際に活用しやすい理学療法士専門学校の夜間部ですが、専門職を目指す養成機関なので試験に合格しないといけません。試験内容は全日制と同じ内容なので、その学校に応じた対策が必要になります。

医療の専門職なので知識や技術もたくさん学ぶ必要があり、備わっていないと国家試験に合格するのは難しいでしょう。専門学校側も合格率が学校の評価に繋がるので、筆記試験と面接を採用しています。

中にはAO入試という意欲や人物像を見極める、言わば面談によって合否を決める試験内容を採用している学校もあります。

 

 

-コラム

Copyright© 関東エリアの夜間部で理学療法士になれるおすすめの専門学校 , 2019 All Rights Reserved.