コラム

夜間の理学療法士専門学校で国家試験受験資格を取得するには?

更新日:

夜間の理学療法士専門学校で国家試験受験資格を取得するには?

理学療法士専門学校を卒業すると、理学療法士国家試験の受験資格を得ることができます。
夜間部ででも理学療法士の国家試験受験資格を得ることができるのでしょうか。
今回は、理学療法士国家試験と夜間部との関係についてご説明します。

 

理学療法士になるためには

理学療法士になるためには厚生労働省が実施する理学療法士国家試験を受験し、合格することが必要です。
理学療法士専門学校を卒業すれば自動的に資格が付与されるというわけではありませんので、ご注意ください。

文部科学大臣が指定した学校又は都道府県知事が指定した理学療法士養成施設で、3年以上理学療法士として必要な知識及び技能を修得した人は、理学療法士の国家試験を受験することが可能です。

夜間部でも受験資格を得ることが可能

理学療法士国家試験の受験資格には、
3年以上理学療法士として必要な知識及び技能を習得した人が受験できると書いてあるのみで、全日制課程ではないと受験できないといったような記述はありません。

現実、理学療法士国家試験は夜間部出身の学生でも受験できますし、多くの人が夜間部の理学療法士専門学校を卒業して、理学療法士として活躍しています。

卒業見込みでも受験できる

ちなみに、理学療法士国家試験は専門学校の卒業見込みでも受験することができます。
したがって、理学療法士専門学校で勉強し、3年次または4年次で国家試験を受験し、卒業時には資格を手にして卒業するというパターンが多いです。

3年制と4年制の何が違うのかというと、勉強するペースです。
大学の場合はそもそも4年制ですが、専門学校や短期大学は3年制のところも多いです。
夜間部の場合も、3年制と4年制があります。
どちらにしても、最終学年は国家試験対策でとても忙しくなりますね。

作業療法士の資格を持っている場合

作業療法士の資格をすでに持っている場合は、養成校で2年勉強すれば受験資格を得ることができます。
何も資格を持っていない人よりも1年早く受験できるというわけですね。
ちなみに、専門学校によっては作業療法士などの医療系、福祉系資格をすでに保有している人には学費面で優遇措置を設けていたり、他の学校で学んだ分の単位を認定してくれたりします。

すでにほかの資格を持っているが、理学療法士の資格もほしいという人は、学費減免措置も検討してみてくださいね。

外国の理学療法士資格を持っている場合

外国の理学療法士資格を持っている場合は、外国の理学療法士養成学校を卒業していることと、厚生労働大臣に日本の理学療法士専門学校で3年間学んだ人以上もしくは同程度の能力があると認定される必要があります。

所定の書類を提出し、審査された上で受験資格を与えられます。

 

他のルートはないのか?

現在、理学療法士になるためには養成校を卒業することがほぼ唯一のルートですので、他の方法はないと考えてください。
夜間部でも受験資格を得ることができますので、昼間に仕事をしていて、なかなか勉強の時間が取れないという人でも、夜間部できちんと勉強し、国家試験に合格すれば、理学療法士になることが可能ですよ。

 

理学療法士専門学校を受験するために必要な学歴

理学療法士専門学校を受験するために必要な学歴は、高卒か、卒業見込みか、同程度の学力があると認められることです。

つまり、高校を卒業していない人は高等学校卒業認定試験に合格する必要があります。

 

まとめ

今回は、理学療法士専門学校の夜間課程の学生でも、要件に合致する人は国家試験を受験できるということをご紹介しました。
夜間部でも3年で理学療法士の受験資格を取得できます。

3年制のコースと4年制のコースがありますが、受験資格の要件は3年です。

 

-コラム

Copyright© 関東エリアの夜間部で理学療法士になれるおすすめの専門学校 , 2019 All Rights Reserved.