コラム

理学療法士専門学校の面接対策を行おう

更新日:

理学療法士専門学校入学する際には、筆記試験や書類選考があるのはもちろんのことですが、それ以外にも面接試験も行われることが多いです。

リハビリ職は人と関わる職種であることから面接試験が行われることがあります。

難易度がそれほど高くない所であれば、筆記試験と書類選考のみということもありますが、有名で人気のある所を受験する場合には面接試験は避けては通れません。

しっかりと面接対策はしておかなければいけません。

ただしこの面接対策は独学では中々難しいので、理学療法士専門学校に強い予備校を利用することをおすすめします。

 

理学療法士専門学校の入学試験について

理学療法士専門学校は各専門学校によって入学試験の内容は異なります。

大きく分けて学科試験と面接試験にわかれます。

場合によっては小論文の試験がある所もあります。

入学試験は毎年2月から3月くらいに行われることが多いです。

学科試験は基本的には数学と英語そして国語といった基礎科目がメインで構成されています。

これは中間部でも夜間部でもたいして差はありません。

ただし社会人の方がこうした学科試験の勉強をする場合には、学校から離れていることもあり忘れている知識もだいぶあることから高校生の受験生よりも不利になります。

ですから理学療法士専門学校に強い予備校に通うことをおすすめします。

そこでしっかりと学科試験の対策をすれば学科試験の対策はできます。

次に面接試験ですが、こちらは対策が難しい分野であります。

一体何が質問されるのかが分かりにくいので、ここは前述で挙げた予備校の情報網を活用するのがベストです。

その予備校では過去にどのようなことが質問されたのかというデータをかなり持っていますので、そのデータによって面接対策が行うことができます。

面接試験においては、オーソドックスな質問として志望動機は高確率で質問されますので、これに関してはしっかりとテキパキと答えられるようにしておきたいです。

志望動機は学校見学に参加しておくと役立つ

理学療法士専門学校の面接試験の対策としては、志望動機は必ずといっても良いほど質問されます。

それだけ志望動機は重要な項目となります。

ただどうしても志望動機が思い付かない場合には、無料の学校見学に参加しておくと志望動機を練り出すことができるようになります。

なぜこの専門学校を選んだのかということが明確になります。

一度学校見学をしておくと、この専門学校に入学したい姿勢をアピールすることができます。

その他にも面接試験対策になる材料が学校見学で見つけられることもありますので、学校見学に参加した際には些細なことでもメモしておくといいでしょう。

そうすれば面接試験の対策になります。

 

学校見学に参加しておくメリットを紹介

理学療法士専門学校の学校見学に参加しておくメリットは前述で挙げたように志望動機を練り出すヒントを得ることができることですが、それ以外にもメリットがあります。

それは実際に通っている在校生に直接話を聞くことができることです。

ホームページやパンフレットでは決して得られない生の情報を在校生から聞くことができるので、本当にこの専門学校に入学すべきかどうか判断することができます。

ホームページやパンフレットでどんなに良いことが書かれていても、実際は酷いところだったということも稀にあります。

そうした情報を聞くことができるので学校見学に参加するメリットは大いにあります。

 

以上のように理学療法士専門学校の入学試験には、学科試験だけでなく面接試験もあることが多いので面接対策はしっかりと行う必要があります。

この対策は理学療法士専門学校に強い予備校を利用すると良いです。

また学校見学に参加しておくことでも対策することができます。

-コラム

Copyright© 関東エリアの夜間部で理学療法士になれるおすすめの専門学校 , 2019 All Rights Reserved.