コラム

昼間と夜間の理学療法士専門学校の学費の違い

更新日:

 

多くの学校で昼間コースと夜間コースがあり、授業時間の関係から金額差があります。

その中でも修学年数自体が少ないことにより大きく差が出るところもあります。
一方同じ4年制でも毎年数十万円の差が生じるのが一般的です。

4年制と3年制で違いが生じる場合

専門学校に通う人として、まずは高校を卒業してからの人がいるでしょう。高校を卒業しただけだと応募できる仕事も限られています。資格などが得られれば選べる仕事の幅も広がります。

一方で別の学校に通っている人や社会人などが通うときもあります。昼間は別のことをして、夜間に実施されている学校に通うケースです。理学療法士専門学校では昼間コースと夜間コースを設置してくれている学校があり、希望によってどちらかに進学ができます。ある学校では昼間コースは4年制になっていて、夜間コースが3年制になっています。昼間と夜間では1日に受けられる授業時間も異なりますが、年数も異なるのでその分学費が変わってきます。ある学校では昼間は4年間で500万円ぐらいになっていて、夜間だと3年間で350万円ぐらいになっています。

夜間だと学ぶ期間を短縮できるメリットもありますし、費用を抑えられるメリットもあります。ただ勉強の中身を考えれば4年制の方が充実した内容になりやすいです。昼間に通えるなら4年制を利用した方がいい時もあります

同じ4年制でも授業料で差が出る

専門学校はいろいろなスタイルで学べるようになっています。特に医療系の専門資格を得るための学校を選ぶときは、それぞれの学校にどんなコースがあるのかを調べて自分に合うコースを選ぶ必要があります。また学費もそれぞれの学校で大きく異なるときがあります。同じ学校内でもコースが異なると金額が異なってきます

ある理学療法士専門学校は、昼間コースと夜間コースが用意されています。どちらも4年制なので学べる期間は同じです。しかし4年間で支払う金額は異なります。基本的には、1年次は入学金プラス授業料等になり、2年次から3年次は同じ金額です。その学校では、昼間コースと夜間コースで毎年20万円の差が出る仕組みになっていました。4年間トータルでは80万円の差が出ます。同じ4年制と言っても昼間コースの方が授業の数が多くなります。かといって夜間コースの授業の数が足りていないわけではありません。

学べる内容が全く同じわけではないので、昼間のコースを選ぶのか夜間のコースを選ぶのかじっくり考える必要があるでしょう。

奨学金や学校からの支援で働く方法

理学療法士になるには理学療法士専門学校に通う必要があります。多くの専門学校があり、比較的多くの学校で昼間コースと夜間コースを用意してくれています。夜間コースには社会人など昼間に仕事をしている人が学べるメリットがありますが、人によっては高校を卒業して夜間コースを選択する人もいます。

まずは通常の学費に差があり、同じ年数でも夜間コースの方が50万円から100万円ぐらい安くなるときがあります。さらに奨学金などを利用できれば、負担を減らすことができるでしょう。ある学校では、夜間に夜間コースに通って昼間に働きたい人に、学校側が持っているパイプを利用して仕事の支援をしてくれるところがあります。働いて得たお金をどう使うかはそれぞれの人の自由になりますが、それをうまく活用すれば楽に学校に通うことができるでしょう。学校側が用意する職場も、学生に少なからず役に立つところになります。将来的に理学療法士として仕事をするのに役立てられれば、お金をもらって、なお仕事に直結することが学べる環境が得られます

理学療法士を養成するための学校は非常に多く、かかる費用もそれぞれで異なるのでじっくり比較しないといけません。夜間コースは昼間コースに比べると安く学べます。授業時間は短くても、内容は充実したものになっています

-コラム

Copyright© 関東エリアの夜間部で理学療法士になれるおすすめの専門学校 , 2018 All Rights Reserved.