コラム

理学療法士専門学校の入試、小論文の書き方は?

更新日:

理学療法士専門学校は、小論文も出題されます。

その論文の書き方のポイントは3点あり、序論と本論と結論という3つの流れで書くのが望ましいです。

そして客観性と分かりやすさを意識すると共に、文字数と文法も注意する必要があります。

そしてリハビリに関する知識も必要です。

三段論法という書き方にするのが望ましい

論文は、差が付きやすい傾向です。

ですからそれで高得点を記録できると、他の受験生よりも有利になる傾向はありますから、しっかり書き方を理解しておく必要があります。

ところでその論文の試験では、論述力があるかどうかが見極められる事になります。

ですから論述に関するポイントも抑えておく必要がありますが、その1つは三段構成です。

そもそも文章には、必ず流れがあります。

起承転結と言われる事も多いですが、ストーリー性がある訳です。

ただし論文の場合は、起承転結というより三段論法が望ましいです。

序論と本論と結論という3つの要素があり、一番最初の部分は序論になります。

指定の文章を読んだ上で問題を提起して、それに関する自分の意見を簡単に述べる訳です。

その序論を書いたら、本論に移ります。

序論では自分の意見を書く訳ですが、その意見の「根拠」を書いていく事になります。

もしくは理由を書きます。そして結論部分です。本論の理由を簡潔にまとめて、自分の意見を改めて明示します。

更に、それぞれの文字数も意識する必要があります。

序論の文字数は10%程度で、本論は70%ぐらいが妥当です。残る20%は、結論を書きます。

筋道や主観性などを意識して書くようにする

そして、筋道も意識する必要があります。

文章の書き方も色々ありますが、少なくとも論文の試験の場合は、論理的に書くのが望ましいです。

ですから例えば、途中で話が脱線してしまったり、矛盾する内容が含まれるのは望ましくありません。

あくまでも論理的に、順序立てて書くようにするのが望ましいです。

それと客観性です。文章を書いていると、無意識の内に主観的な文章になってしまう場合があります。

感覚的に文章を書いてしまうケースが、たまにあります。

論文の場合は、主観的な文章は望ましくありません

客観的に書く必要があり、必要に応じて数字なども盛り込んで書くのが望ましいです。

そして分かりやすさです。文章によっては、全体の主張が見えづらい事があります。

色々な内容は書かれているものの、結局何を主張したいのかが不明確な文章もあります。

分かりにくい文章にしてしまうと、大きく減点されてしまう傾向があるので、注意が必要です。

文字数と文法とリハビリに関する知識

それと文字数です。その論文の試験には、必ず文字数の指定があります。

指定された数の10%前後の文字数にするのが望ましいです。

ですから例えば、800文字と指定されているとします。その場合は、最低720文字から最高880文字で書くようにします。

その範囲を大きく逸脱した文字数ですと、減点されてしまいます。

それと文法です。文法上間違った文章ですと、やはり減点されてしまう訳です。

もちろん誤字や脱字なども、注意する必要があります。そしてリハビリに関する知識です。

理学療法士専門学校は、リハビリに関して出題される事になり、健康や医療福祉や心などの分野で出題されます。

論文の試験は、そのリハビリに関する知識がなければ、解答は難しい内容になっています。

したがってその論文の試験で高得点を記録する為には、リハビリに関する文献なども読んでおく方が望ましいです

知識があれば、自分の意見に関する根拠も書きやすくなりますし、文献で教養を深めておく必要があります。

ですから理学療法士専門学校の小論文は、三段論法を基本とした書き方が望ましく、文章の分かりやすさや文字数なども意識する必要があります。

リハビリの知識が無いと書くのも困難なので、試験前に文献を読んでおく方が良いでしょう。

-コラム

Copyright© 関東エリアの夜間部で理学療法士になれるおすすめの専門学校 , 2018 All Rights Reserved.