コラム

理学療法士専門学校の偏差値はどのくらい?

更新日:

専門学校といえば通常は誰でも入学できるところが多いですが、医療系の専門学校は定員が決められていて、選抜試験で選抜することがあります。

理学療法士を養成する学校も医療系になるので、学校によって難易度が異なります

 

 

大学の基準とは少し異なるので注意が必要

進学をするとき、応募をすれば誰でも入学できるところであれば特に学力がどうかなどを気にすることはないでしょう。

募集をしていれば誰でも入学できる可能性があります。

大学は一般的には選抜試験が行われ、一定の学力がないと入学することができません。

一方専門学校は形だけの試験のみで特に試験結果で選抜されないところもあります

ただ医療系の専門学校は少し様子が違います。国家試験の受験資格に関わるカリキュラムを組んでいるので、誰でも入学させると問題になるときもあるからです。

理学療法士専門学校は専門学校でありながら偏差値があるので事前に調べておくと良いでしょう。

注意としては大学の数字とは基準が異なるところでしょう。

模擬試験の結果で数字が出されますが、大学のように多くのデータを元にしているわけではありません。

理学療法士のための模擬試験などが行われていて、それを元に算出されている数字になります

まずは自分で理学療法士向けの模試を受験し、行きたい学校の数字に近いかどうかを確認してみましょう。

都市部だと50から60ぐらいが多くなる

全国に医療機関があり、医療機関には医療従事者が働いています。

医師を始め看護師や薬剤師などはよく知られています。

その他リハビリを担当する理学療法士や作業療法士なども働いています

つまり全国の医療機関でそれぞれの資格を有している人が求められています。

もし理学療法士になりたいのであれば、理学療法士専門学校に入学して国家試験に合格する必要があります。

理学療法士は医療系の資格になるため、一般的な専門学校と違って試験での選抜がされる可能性があります。

ですからそれぞれの学校の偏差値をチェックして、自分が入学できるところを探しておく必要があります。

一概には言えませんが、全国的に見ると都市部にある学校は50から60ぐらいのところが多くなりそうです。

都市部の学校は設備などが充実していて、情報なども新しいからかもしれません。

また優秀な人が入学を希望するために高めになっているのかもしれません。

地方の学校の中にも都市部にある学校の姉妹校などになると難易度の高いところがあるので、選ぶときに注意しましょう。

地方になると40から50のところもある

理学療法士になるには、所定のカリキュラムが用意された専門学校か大学を修了する必要があります。

それによって国家試験の受験資格が得られ、合格すれば晴れて資格が取得できます。

どの専門学校であろうと大学であろうと、修了すれば受験資格は得られます

それぞれの学校によって国家試験の合格率などは異なるでしょうが、国家試験を受験するのに必要なことは学べるようになっています。

一般的には専門学校といえば申し込みをするだけで入学できるところが多いですが、理学療法士に関しては選抜されるところもあります。

学力が劣るために入学できないときもあるので注意しないといけません。

理学療法士専門学校の偏差値がどうなっているかですが、地方の学校になると都市部の学校に比べると若干低めになっているかもしれません。

都市部の学校だと50以上必要なところが多いですが、地方の学校には40から50ぐらいの学校もそれなりにあります。

地方は人口が少ないので、志望する人が少ないからかもしれません。自分の学力に合う学校を探す必要があります。

理学療法士の学校に通う人向けの模試が行われていて、それを元に算出される情報があります

一概には言えないものの、都市部の学校は50から60と難易度はやや高めになります。地方の学校になると40から50ぐらいの学校もあります。

-コラム

Copyright© 関東エリアの夜間部で理学療法士になれるおすすめの専門学校 , 2019 All Rights Reserved.