コラム

理学療法士専門学校の夜間コースのカリキュラムとは

更新日:

理学療法士専門学校の夜間コースのカリキュラムとは

作業療法士や言語聴覚士と同じように医療現場において無くてはならないのが理学療法士です。
主にリハビリの現場におり、患者さんのサポートを行っています。
そんな理学療法士ですが、今様々な方から注目されている職業です。
そんな理学療法士の学校には昼間部と夜間部があるのはご存知でしょうか。

 

昼間部は朝の9時から夕方4時までみっちり行うので、短期間でしっかり知識を身に付けることも出来ます。
夜間部に関しては2コマしかないので、短時間で必要な知識をしっかりと身に付けることができます。
では夜間部は一体どんなカリキュラムで学習をしていくのでしょうか。

夜間部のカリキュラムについて

まず夜間部の多くは夜18時から21時の2コマしか行いません。
毎日短時間の授業なので、その分内容をいかに充実させるかが問題です。

 

○1~3年間で基礎部分を学習
ではどんなカリキュラムで行われているのでしょうか。
基本で気に1年から3年間で基礎科目や基礎医学など理学療法士に必要な基礎知識からリハビリテーション概論、理学療法について、しっかり身に付けていきます。
この基礎をしっかりと身に付けなければ、実習へ参加することも出来ません。
それ位この基礎部分は学習していくうえで重要な部分
になるので、しっかりと覚えるようにしましょう。

○実習・国家試験対策

4年生からは実習が入ります。
実習では今までただ教科書を見て勉強だけでは分からない、人間を相手に学習していくので、現場の大変さや指導方法をしっかりと学んでいきます。
総合臨床実習や総合演習に研究論演習など演習や実習をメインに行い、資格取得した後でも、
現場で必要な技術をしっかり身に付けていきます。

また、4年生になると徐々に国家試験対策を行います。
理学療法士の試験はやや難しい傾向にあります。
そこで今まで行われてきたテストを元に、しっかりとテスト対策をして国家試験に必要な知識を身に付けていきます。

○卒業・国家試験

卒業しますと国家試験の受験資格を与えられます。
これは国家試験を受ける資格があなたにはありますと証明されただけであり、理学療法士の資格を貰えたわけではありません。

卒業後しばらくして国家試験が始まり、この国家試験に受かった人だけが、理学療法士の資格を与えられます。

昼間部と異なり、夜間部は授業時間が短い分通う年数は昼間部より多くなってしまいます。
しかし、1日2コマしか授業を行わないので、短期集中でしっかりと知識を身に付けることができます。

 

夜間部に通う多くは仕事をしている人です。
働きながら理学療法士の資格を取得したいと思っている人はたくさんいます。
こういう人たちの為に、夜間部は作られました。

自分のペースで学びたい人にぴったりです

今、医学関連の仕事に就きたいと希望している人は年々増加傾向にあります。

医師や看護師のように手術に立ち会う訳ではありませんが、理学療法士の立派な医療従事者です。
命の現場で働くため、昼間部も夜間部もしっかり理学療法士に必要な知識を身に付けていきます。
夜間部は1回の授業時間が短いのでその分昼間部より集中して学習できるというメリットもあります。

アルバイトをしたり、子供の面倒を誰かに見てもらいながら、自分のペースでしっかり学習できるため、この昼間部と夜間部が分かれた専門学校は今大人気です。
特に夜間部は仕事やバイト終わりにも参加できるので、ライフスタイルに合わせてしっかり学べます。
実習を行うまでは人形を使って授業を行う事もありますが、人形と人間では感情がある分指導も難しく感触も違うので難しいかと思います。
命の現場に欠かすことが出来ない理学療法士、その資格を取得するためにも、
夜間部でしっかりと必要な知識を身に付けましょう。

-コラム

Copyright© 関東エリアの夜間部で理学療法士になれるおすすめの専門学校 , 2019 All Rights Reserved.